2011年10月8日土曜日

ガーナの短期商用査証について

皆様、おはようございます。

さて、先日より初めて取引を開始するガーナの方の短期商用査証について、当社としては初めての試みであり、申請人のガーナの方々が査証が受け取れないという連絡をいただき、ご迷惑を掛けています。

本来なら、既にガーナの方々が来日されており、実際にオートオークション会場などへ出向き、色々と話が進んでおったのですが、短期商用査証の申請は、結構大変だと痛感しております。

今回で、3度目の日程変更に伴い、再申請になります。既に、必要な書類を在ガーナ日本大使館へ確認し、事情も全て説明したところ、必要な書類が出揃い、昨日にUPSで郵送しました。

また、私は、郵送した資料をPDFにしてメールで送信したところ、日本語を英語に翻訳して再度送信して欲しいと依頼のメールが返ってきました。

今朝から、その翻訳をして先ほど、送信しました。翻訳ソフトを使ったので、理解していただけるかどうか不明ですが、たぶん大丈夫と思います。

これまでに一度も取引実績の無い方へ短期商用査証の申請は非常に難しいと聞いています。恐らく、一度でも取引実績が伴っていた場合は、もっとスムーズにいっていたと思います。

今回は、別添資料として、ことの経緯を説明する内容を書面にして提出しました。

郵送した資料は、10月14日に到着の予定です。

ただ、これで全てがクリアになったかといえばそうではありません。

その資料を彼女が提出して、申請を受理されて、晴れて査証がでるまでに、まだ数日間掛かります。
今のところ、10月31日に到着されて、11月6日に帰国されます。

彼女は、その期間中に、他の予定もあったのですが、今回のビジネスの方が大事と判断し、以前から決定していた予定を破棄してまで、来日されます。

その熱意にもお応えしたいと思っておりますので、できる限りのことをさせていただきます。

ガーナと日本では、9時間の時差があり、これが結構大変なんですね。

日本大使館へ電話するにしても、日本時間の18時がガーナの9時です。私は午前中は覚えているのですが、午後や夕方になるとコロッと忘れていることがしばしばなので、本当にご迷惑を掛けていると実感しております。

何とか、無事に査証が降りることと、このビジネスが成功裏に終えられることを願っております。

何でも初の試みは大変ですね。でも、良い経験をさせていただいております。

結果は、また、報告させていただきます。

株式会社小田石油
代表取締役小田精彰

京都市西京区 洛西・桂坂 ガソリンスタンド・LPガス・灯油軽油配達・中古車レンタリース・パウンドケーキ・省エネ照明LED照明販売の
ご用命は、小田石油までよろしくお願いします。
詳しくは、http://odasekiyu.co.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿