2013年10月17日木曜日

私の原点回帰の本

こんにちは。

今日は、京都中央信用金庫さん主催のビジネスフェアにブース出展して帰社してきたところです。

この件は、後ほどアップします。

さて、今回は私の原点回帰する時に読む本を紹介します。

現在、私は一日一冊というペースで本を読んでいます。

某青年の団体に入会するまでは、よく本を読んでおりましたが、昨年からアフリカへ渡航し、

そこで色々と経験したことと現状の石油小売業で悩むことがあったので、気付けば毎日本を読む

習慣になっていました。

そこで、昔に買って読んでいた本を読み返したり、新たに購入したりしています。

私が尊敬する京セラの稲盛和夫さんが書かれた本をよく読みます。

その著書の中でも「成功への情熱」という本が大好きっていうよりも、自分を見つめなおす時に、

この本を読みます。

この本は、元々日本語で発売されたのではなく、外国本として出版されて、その後に日本語訳とし

て、日本で発売されたと聞いています。しかし、間違っていればスミマセン。


稲盛氏が言うフィロソフィー、私が独断と偏見で受け止めていますが、この本を読むことによって、

「人間の本質とは何か?」や「経営者(リーダー含む)の行動とは?」ということが記載されています。

私が悩むことはこの事業が本当に成功するのかどうか?また、継続して大丈夫かどうか?など

多岐に渡り迷うことがあります。

そんな時に、原点回帰する為にこの本を読みます。

もう何年も前の本ですが、未だに通じていると私は思います。

稲盛氏が記載されている一つひとつが身にしみる言葉ばかりです。

明日の糧になる本ですので、もしヒントが欲しいって思う方がいらっしゃれば、一度読んでみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿