2013年9月30日月曜日

埼玉県でホワイト餃子を食べてきました。

貿易に関わる仕事で、埼玉県へ行ってきました。事前に交渉もしていたので、スンなりと行きました。

その後、他の施設も見学させていただき、最後に食事して京都へ帰りました。

「何が食べたい?」って訊かれたので、私は「餃子」って答えたので、それなら風変わりな

餃子店を紹介しますってことでここに来ました。

本店は千葉県野田市にあります。

どこからどう見てもホワイトには見えません。普通の揚げ餃子?っぽく茶色です。

名前の由来を尋ねると、社長が修行時の師匠の名前が「白(ぱく)さん」って方だったので、

ホワイト餃子っていう名前にされたそうです。

店舗によってバラつきがあるものの、一日に10,000個から15,000個販売されているらしいです。

この日は土曜日でもあり、早くに来たのですが、既に満員で、次から次からとお客さんが来店されていました。

アフリカ、中東、東南アジアで飲食業をしたいなって考えている私にとっては、良いヒントをいただけて

嬉しかったです。






0 件のコメント:

コメントを投稿