2019年2月8日金曜日

プロパンガス ガス給湯器の取替え

水道管から水漏れをしたキッカケで、給湯器が約10年経っていることから取替えの依頼をいただきました。お客様から「給湯器の排熱の風を上に上げることが可能か」という質問を受けて、オプション品の上方排気の排気筒カバーを取付しました。

水道管の取替えは水道屋さんが作業され、その後にうちが給湯器を取替えさせていただきました。

既設商品は落とし込みタイプでしたが、エコジョーズタイプに取替え、少しでもガス代が節約になると思います。

エコジョーズはドレン配管が必要で排水口に接続しました。

給湯器を設置する時は、既設のビスを外し、穴が空いている箇所に雨水が入らないようにコーキングをします。その後に、新しく下穴を開け、ビスがしっかり効くようにプラグを挿入します。地震などが起きても外れないようにガッチリと支える為でもあります。

お水とお湯の配管接続部は、必ずパッキンを取替えします。これをしておかないと10年経ったあたりから水漏れを起こす可能性もあるからです。当たり前なことなんですが、最近は工事費を安く済ませる業者が増えてきて交換をせずに済ませることもあります。

あとは、保護テープを施工して、ガス漏れ検索した後に試運転を行い終了です。

もちろん、リモコンも新しいものに取替えました。

【作業時間】
落とし込みタイプ エコジョーズ給湯器 3時間(ガス漏れ検査、試運転、お客様説明まで含む)

都市ガス、プロパンガスどちらでも取替え可能です。
もちろん、どちらのガス漏れ検査をする機器を持っているからです。

都市ガスとプロパンガスはガス圧は違いますし、ガス成分も違いますから検査機器も違います。

取替後の給湯器



既設の給湯器



0 件のコメント:

コメントを投稿