2012年6月1日金曜日

国際電話について

皆様、おはようございます。

中古車貿易を始めてから、Skypeが安いっていうことで、使っていたが肝心なのは相手のIDがわからないと掛けられない。また、履歴も開けて無いと残らないってことがありました。

アフリカの顧客に電話するにしても、結構な費用が掛かる。昔はもっと掛かっていたそうだけど。。。

そこで、貿易をされている仲間に聞いたところ、Skypeの利用が多かったのですが、一年数ヶ月前からコンビニで販売されているBrastelというカードを購入して、電話を掛けていた。

それから、数ヶ月が経って、現在ではザンビア人のKennyがうちのスタッフとして働いているところを見ていると、彼はGoogleから電話をしている。

彼は、以前まではSkypeを利用していたようだが、最近はGoogleから掛けている。

Skypeは、相手がそのアプリ?を開いていないことには電話が通じないってことで、また、直接携帯電話に掛けられないことが問題と言っていた。

そこで、少し調べたら、意外と安いっていうことが判明した。

簡単にクレジットカードで決済できるので、利便性が良い。

今後は、これを使って電話することになるかな?

とは言っても、基本的には、FacebookのChatと利用し、Skypeも利用することになるでしょう。

ただ、急を要する場合には、このGoogleから電話を掛けることになると思います。

何が便利な世の中のか、知っている者だけが得する時代になっているなぁってあらためて感じた。


ちなみに、私は、国内ではドコモとソフトバンクの2台持ちです。

ドコモは、以前の契約は基本料がほぼマックスの契約を結んでいたが、現在では980円にしている。

一方、ソフトバンクは、普通の契約で利用している。

今では、あまりドコモの携帯のアドレスを利用することが少なくなった私です。

日本の携帯電話会社も色々なサービスを展開している現在、情報を的確に捉え、何が自分の利用で適正なのかどうかを知る必要がある。

っていうことは、これだけ煩雑になった電話料金、電話会社を何を選択すればいいのかっていうサービスする会社がもっと出てきてもいいと思います。

小田精彰

0 件のコメント:

コメントを投稿