2014年5月5日月曜日

今日からタイとミャンマーへビジネス視察してきます。

おはようございます。

以前から気になっていた東南アジアへ今日から視察に行ってきます。






フラッグは、タイとミャンマーです。

ここ数年の私は、タンザニア、ルワンダ、ザンビア、ガーナと訪れ、間にカンボジアへ渡航してきました。

カンボジアも含めて、ビジネスとして伺ったのですが、これまでは成功と呼べるようなものは達成できていません。

ただ、ザンビアでは現地で会社を興して、バスから乗用車、トラックなどを販売できるまで頑張りましたが、

突然、上手くいかなくなり、現在は休眠会社(実際は、廃業状態)となっています。

ザンビアでのビジネス経験を基に、今後は東南アジアで勝負したいと考えており、今回この二カ国を選択しました。

実際、車の輸出となるとタイは非常に困難で、ミャンマーも今年になって、左ハンドル車になり、今後の状況としては、

日本から輸出が拡大するどころか、減る一方と見ます。

では、なぜ、小田はタイとミャンマーへ視察へ行くのか?

今後、成長する車種としては、軽トラックが需要があると思われます。

これは、世界各国共通事項なのではないか?って個人的に考えています。

その軽トラック、軽のハコバンを改造した車両を各国で、販売、レンタカーとして事業を興したいと考えています。

当社の強みは、自動車を活かすことしかありません。私が昔から取引している中国の青年から

色々なアドバイスをいただき、中国の製品と日本の軽自動車を組み合わせた車を商品として、

各国に出したいと考えています。

今回、視察はそれがどのように活かせられるかどうか?を確認する為に行きます。

その他に、視察したいところがありますが。。。また、今後に説明させていただきます。

タイって査証が不要になったって知っていましたか?それに伴って、日本人観光客が増加しているそうです。

逆に、ミャンマーはここ数年で成長している影響で、査証の取得が非常に厄介です。

タイは、関空からダイレクトで入国することが可能ですが、ミャンマーはまだ関空からダイレクトで入国できません。

カンボジアも同じ状況なので、先にカンボジアがダイレクトで入国できればなぁって思いますが、

これからですね。


タイはSIMの購入からWEBなども問題無さそうな感じです。

しかし、困ったのはミャンマーです。 私が持っている情報では、空港でレンタル方法しか無さそうです。

ただ、さらに問題はマイクロSIMしかないという情報。

つまり、私が持っているSIMフリーのiPhone5SはナノSIMである為に、使えない。

一応、以前にナノSIMからマイクロSIMへのアダプターとマイクロSIMから通常のSIMへのアダプターは持っている。

ここにきて、昨年まで持っていたSIMフリーのブラックベリーとiPhone4Sを手放したのは痛い!

今考えているのは、通話専用の安いSIMフリーの携帯電話を購入し、データだけを利用する端末を確保するしか無さそう。

日本の会社や貿易などで、頻繁に連絡しないといけない私にとって、この状態は相当痛い。

まだ、渡航までに時間があるので、それまで考えることにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿