2015年3月30日月曜日

10年落ち 程度の良い中古外車の選び方

おはようございます。

私が10年落ちぐらいの外車を仕入れる時に、気をつけているポイントは何点かあります。

もちろん外装や内装などは必然的になります。

意外に見落としているポイントがあります。

私は、タイヤとホィールをみます。

これは、日産GTR、フェラーリ、ポルシェだけでなく、ベンツAクラスや軽自動車でも同様です。

私は、車のタイヤを人間の靴だと置き換えて考えています。

靴を大切にしている人は、洋服にも気を配っていると思います。

高級車だから、必ずしも高いタイヤを履いているとは限りません。
やはり、オーナーがどれほど愛着を持っていたかを判断する材料です。

私が仕入れる車は、タイヤとホィールに注視しています。

ホィールは、ガリ傷ですね。

中古外車を買う場合の一つのポイントだと思って、遠方からの問い合わせ時には、販売店に質問してみてください。

タイヤのメーカーと製造年月日
ホィールのガリ傷の有無

本日もよろしくお願いします。


小田

0 件のコメント:

コメントを投稿