2013年11月8日金曜日

昨夜はまたまた26歳の若者に刺激を受けました

私がガーナへ渡航していた時にツィッターで知り合ったセネガルの若い起業家に会いまして、

久々に日本で会うことができました。

ガーナから帰国して、ザンビアへ行けない日々を過ごしていますが、この方のことをずっと気になっていました。

もし、また会うことができるなら、何か助けてあげたいなって考えていました。

昨夜はそんな機会が訪れて、当社までお越しいただいて、二人で桂駅周辺で食事をしながら、

今後のことやアフリカについて話しをしました。

時間も限られていたために、短い時間でしたが、26歳の若い起業家からたくさんの刺激を受けました。

最近は、何故か20代半ば過ぎの起業家を会うことが多いです。

理由は、私がザンビアで起業した影響だと思うのです。

昨夜の会話は、周りからするととんでもない内容だったと思います。

桂駅周辺で、アフリカの話しをリアルにしているんですから…

年齢的には差がありますが、起業年齢からすると全く同じです。

私は、アフリカビジネスから一歩引いた状況になっていますが、またいつか再挑戦したいなって

考えています。しかし、今の日本の会社もあり、海外で起業して運営して行けるほどの

時間的余裕がありません。

昨夜も彼に話しをしましたが、アフリカってやはり遠いし、時差も影響があります。

私のような零細企業にとっては、この時差は計り知れないほどの影響があります。

今は、東南アジアで起業してそこからって考えていますが、アフリカビジネスやアメリカビジネスは

私の夢でもあるので、必ず起業してみます。

まだまだ大変な状況が続きますが、先ずは日本の会社をしっかりと運営できるように

頑張っていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿