2013年11月5日火曜日

正式な英語を記載するって難しい

ザンビアで起きている問題を解決するために、毎日毎日メールのやり取りが続いている。

内容は公開できませんが、今回合意に至りそうになってきたので、書類を作ることにした。

つまり、これまで日本でしか私は経営してこなかったので、契約社会に慣れていなかった。

それが直接の原因か?と問われると、その判断はできないけど、少なからずあるかもしれない。

どんな些細なことでも契約書が必要だということを今回身にしみて感じる。

英語もまともに話すことができない私であり、外資系の会社に所属したこともない。

つまり、どのような書類を作成すればいいのか全くわからない。

そのような書類を作成してくれる会社はあるものの、そんな費用も掛けることができないので、

結局自分で作成することになる。

しかし、正式な書類って何?

そのようなものってそこで本当に正式に認められるのか?

あくまでも自己都合の書類になっているのではないのか?

朝から頭の中は「???」の状態です。

それでも、明日までには送信しないといけないので、頑張って作成します。

0 件のコメント:

コメントを投稿