2019年7月14日日曜日

主に都市ガス:ガスの気密検査(漏洩検査)に使用道具

プロパンガスは供給設備があるので、検査孔は必ずありますが、最近の都市ガスではこの検査孔が無いことが多い。

理由は闇工事が横行していて、検査孔付きのガス栓を取替えてくれないから。

同時に、閉栓も多くなっており、ガス栓そのものが無い場合があるから。

給湯器に設置されている入口圧力を計測する場所はあるものの、ビルトインコンロを取替え時に使用する道具が写真になります。

ビルコンで配管をやり直すした場合、配管内の気密検査に使用します。

これがなかなかの優れ物で。一つあると便利な道具です。

工事前、工事後には必ず気密検査が必要なので配管工事の際には必ず使用します。


0 件のコメント:

コメントを投稿