2012年2月13日月曜日

琵琶湖 湖岸道路をジョギングしてきました。

皆様、おはようございます。
一週間前に、第17回紀州口熊野マラソンに参加し、残念ながら練習で痛めていた右膝靱帯の影響で、22.5kmでリタイアすることになり、フルマラソンに参加するのは未だ早いと実感しました。しかし、いつまでも20kmぐらいで断念するには行かず、方法を変更しようと、大会から一週間後の昨日に、琵琶湖の湖岸道路を当社スタッフの中山と一緒に走ってきました。


写真の通り、約17kmの走行となりました。5km過ぎあたりから、右膝の靱帯の痛みが再発し、8km過ぎには歩くことになりそうな状態でした。元々は、近江大橋から琵琶湖大橋までの片道15kmを往復する計画でしたが、残念ながら道の駅周辺で折り返すことになりました。


下記の写真の通り、スタート後は、7分/kmで順調に走行していたのですが、8klm過ぎあたりから10分/kmを頻繁に繰り返すことになりました。この時は、100m走っては屈伸したり、歩いたりしていた状況です。その後、7分/kmに戻っていることが見受けられると思います。実は、靱帯に負担の掛からない走り方を無意識的にできるようになり、そこから急激にスピードが上がることができました。


しかし、残念ながら17kmでちょっと限界と思い、車を駐車していた場所に帰ってきたこともあり、ここでやめることになりました。ただ、次回は、22kmを設定にして、来週の19日に同じ場所で走ろうと予定しています。結構、平坦な道が続くので、走りやすいというのがメリットです。ここ京都市西京区から若干遠いですが、極力靱帯への負担を軽減できるような場所で練習を積みたいと考えています。

4月22日に日吉ダムマラソン大会「日吉ダム湖周辺を走るコース」のハーフにエントリーしましたので、しっかり完走できるように練習を積んでいきます。

小田精彰

0 件のコメント:

コメントを投稿